読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iOSエンジニアは今すぐ導入! CocoaPodsで簡単ライブラリ管理

iOSエンジニアの荒井です。 今回はXcodeプロジェクトのライブラリ依存関係を簡単に管理出来る”CocoaPods”の紹介をします。 未導入の方はオープンソースの管理が劇的に変わるので是非導入してみてください。

CocoaPods

はじめに

最近iOSの勉強会などに参加すると、CocoaPodsを導入していることが前提で話が進む事が多くなりました。また、iOSエンジニアと話す際も「CocoaPodsで管理していますか?」という質問を頂きます。 導入していないことによって不便をきたすことがないようにしたいですね。 もちろん、単に時代の流れの面でだけでなく、メリットの部分が非常に多いと感じています。

今回のエントリでは 1. CocoaPodsのメリット 2. CocoaPodsの導入手順 に焦点を当てて紹介していこうと思います。

Cocoa Podsの導入メリット

冒頭にも書きましたが、CocoaPodsは「Xcodeプロジェクトのライブラリ依存関係を簡単に管理出来るツール」です。 iOSの開発をはじめて、オープンソースの利用をする時、GitHubなどからソースコードを持ってきて プロジェクトに入れてという作業を行うと思います。 これは非常に手間であり、特にRubyGemsやyumを使用した経験がある方からすると 「もっと簡単に管理できないか」と考えると思います。 CocoaPodsはこの問題を解決するアプローチの一つであり、コマンドを実行する事によってこれらの 問題を簡単に解決してくれます。

 

CocoaPodsの導入

CocoaPodsの導入は非常に簡単です。 いくつかのコマンドを実行するだけでインストールが完了します。 では早速流れを見てみましょう。

1. CocoaPodsのgemインストール

$ sudo gem install cocoapods

 ※ CocoaPodsはRubyのgemとして提供されているのでruby環境が必要です。

2. セットアップ

次に~/.cocoapods の作成を行います。CocoaPodsがライブラリ管理を行うディレクトリです。

 $ pod setup

3. Podfileの設定

hoge.xcodeprojが存在するディレクトリにPodfileを作成します。 今回はiQONのPodfileをサンプルとして記載します。 iQONではAFNetworkingやソーシャル連携(Facebook)のテストを実施しました。

[ruby] platform :ios, '6.0' #プラットフォームの指定 iOS6.0以上 xcodeproj './iQON.xcodeproj' pod 'AFNetworking', '~> 2.0' #2.x以下のAFNetworkingライブラリを使用 pod 'AFNetworkActivityLogger', '~> 2.0' pod 'Facebook-iOS-SDK', '~> 3.0' [/ruby]

CocoaPodsで導入出来るライブラリについてはこちらで検索をすると便利です。 http://cocoapods.org/

4. インストール

$ pod install

5. ライブラリの確認

Xcodeを一旦閉じてライブラリの確認を行います。この際、Xcodeでxcworkspaceを開きます。
podswork
上記のようにライブラリが確認出来れば完了です。 通常通りimportして使いましょう。 #import "Facebook.h"

まとめ

VASILYのiOSエンジニアは元々rubyを使っていたので、rubyのbundler感覚で使えるCocoaPodsの導入は全く抵抗がありませんでしたが、ライブラリ管理ツールの経験が無い方でも簡単に導入出来ると思います。 まだCocoaPodsを導入していない方は、ぜひこの機会に導入を行い、快適なオープンソースライフを過して頂ければと思います。

最後になりますが、VASILYではエンジニアを募集しています。 【2/21】「iQON」急成長を支えるエンジニアと話したい人、WANTED エンジニアセミナーも実施が決まったので、皆様ふるってご参加ください。 【第2回】iQONエンジニアセミナー ~進化し続けるiQONを支えるグロースハック的エンジニアリング手法とは?~