読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fashion Tech meetup #2を開催しました

2016年3月22日、第二回目となるFashion Tech meetupを開催しました。前回はMERYを運営する株式会社peroli様との開催でしたが、今回はFRILを運営する株式会社Fablic様が加わり、VASILYを含め3社での開催となりました。

イベント公開開始時、参加枠70席のところ120名を超える申し込みがあり、増枠を設けるほどの大盛況となりました。 最終的に180人を超える申し込みを頂き、FashionxTechnologyに少しずつ関心が持たれているのではないかと感じています。

弊社からも3名が登壇し、Fashion x Technologyを題材とした発表を行ってきました。 今回はその資料を公開します。残念ながら参加出来なかった方、Fashion Tech meetupを初めて知った方、是非ご一読ください。

メインセッション

「ディープラーニングを使って商品カテゴリの分類をしてみました」

弊社の新卒エンジニアの塩崎と、内定者インターンの後藤が発表しました。 塩崎は原子核物理学、後藤は観測的宇宙論・銀河形成論というファッションとはかけ離れた研究をしていた2人が、ディープラーニングでファッションのカテゴリを分類していくという発表になっています。

LT

ファッションアイテムの類似画像検索を実装してみました

こちらは2016年3月より弊社に入社したデータサイエンティストの中村が類似画像検索についてLTを行いました。まだ入社して3週間ですが、さっそく自身の知識と探究心で、技術的なアプローチをしています。

まとめ

VASILYの資料を公開しましたが、いかがでしたでしょうか。 ファッションやWeb業界と大きく異なる経歴を持つ若いメンバーが、FashionxTechnologyに対して様々なアプローチをして活躍していることは伝わったのではないかと思います。

今回弊社の資料を公開しましたが、peroli様、Fablic様の発表も面白く、各社の個性がでたFashion Tech meetupでした。来場された方もファッションに関わる方、技術に興味を持つ方の集まりなので懇親会も活発なものでした。 Fashion Tech meetupを通して、少しずつ業界を盛り上げていけるのではないかと思います。 本記事で興味を持ち、Fashion Tech meetup #3が開催される際に足を運んでくださる方が増えれば幸いです。

おわりに

弊社の資料を通して興味を持たれた方、是非一度オフィスまでお越しください。 一緒にFashionxTechnology盛り上げていきましょう!

www.wantedly.com

www.wantedly.com