読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iQONのバックエンドの非同期処理について

お知らせ
こんにちはiQONのバックエンドシステムを担当している唐揚げエンジニアの村田です。 このTechブログも最後の更新から早一年が経ってしまうのでこれはヤバイと立ち上がりました。 生きてます。 さて早速本題にはいります。

はじめに

iQONのバックエンドのシステムは重たい処理をしなければいけないリクエストをAPIが受けた時に、「必ずそのタイミングで処理しなければいけないもの」でない限りできるだけ非同期に処理をしてレスポンスを素早く返すように作られています。 具体的には非同期に処理する内容をキューとしてキューサーバに登録しておき、レスポンスを返してしまって、そのあとAPIとは別のプロセスがキューサーバからキューを受け取り重たい処理を実行するという流れになります。 後で実例も含めて紹介しようと思いますが、ざっと絵にすると下のような感じです。

構成

ここに登場するものを簡単に説明すると

スマートフォンアプリ、Webアプリケーション

- 実際にユーザに使って頂いてるアプリケーションの部分になります。iOSアプリ、Androidアプリ、Webアプリケーションだったりですね。以下アプリケーションとします。

API

- アプリケーションからリクエストを受けるバックエンドシステムのAPIになります。

DBサーバ

- iQONのさまざまなデータが格納されているデータベースサーバ。

キューサーバ

- APIがその場で処理しない「重たい処理」をキューとして貯めこんでおくサーバです。

Workerサーバ

- キューサーバに溜まった「重たい処理」を実行するサーバになります。定期的にキューの状態をチェックしてキューがあれば順番にどんどん処理をしていきます。

メールサーバ

- ユーザにお知らせのメールなどを配信するサーバになります。 このような構成で非同期処理を実現しています。

実際のiQONでの使用例

ではiQONの実際の機能ではどんなところに使われているのかを実例を交えて紹介したいと思います。 iQONでひとつコーディネートを公開したら - フォローしている人たちに公開したことをお知らせ - コーディネートに使われたアイテムをお気に入りしている人にお知らせ コーディネートの公開処理以外にもこのような処理が実行されます。 フォロワーが数百人いるユーザもいれば、コーディネートに使われたアイテムが数千人からお気に入りに登録されていることもあります。 とてもじゃないですが、そのすべてを一度のAPIの処理で完了させるのは難しいですよね。 まさにこの2つのお知らせ処理をキューにして非同期処理にしています。 上記の例で絶対に非同期処理にすべきではないのがコーディネートの公開処理ですね。 非同期処理にしてしまったら、きちんとコーディネートが公開されたのかどうかをユーザがその場で知ることができなくなってしまいます。 一方でコーディネートを公開するという処理以外はその場で認識できなくてもそこまで問題ではないですから、非同期処理にすべきです。

最後に

大事なのは非同期処理にしてもいいものとそうでないものをきちんと見極めてバランスよく実装することだと思います。 なんでもかんでも非同期処理にしてレスポンスを速く返せるというのは正しくないですね。 次回はこの仕組の具体的な実装の一部や使用している技術を紹介したいと思います。 アプリもバックエンドもいろいろな技術や方法を積極的に取り入れて常に進化していけるように日々エンジニアが挑戦をしています。 VASILYでは技術的なチャレンジを一緒に楽しめるエンジニアを大募集しています。一緒にファッションの世界を変えましょう。