読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iOS7に最適化して新しくなったiQONのiOSアプリの新機能

2013年も終盤にさしかかり、年内に+10kgに到達しそうなiOSエンジニアの庄司です。 先日、iQONのiOSアプリをiOS7にデザインを最適化してリニューアルしました。 今回は新しくなったiQONの新機能とUIについてご紹介します。 まずはあたらしくなったiQON v2.0.0をこちらでインストールしてみてください。

新しくなったiQONの新機能

アプリのデザインをリニューアル

  • iOS7にマッチしたシンプルで明瞭なデザインに変更しました。(あえてフラットデザインとは言いません) iOS7のトーンに合わせるだけでなく、ユーザーインターフェース部分の装飾を最低限必要なものだけにしました。 そうすることで、投稿されるコーディネートや掲載商品などのコンテンツを引き立てるように設計されています。 ↓v1.8.2 と v2.0.0

 

ホーム

今回新たに追加された「ホーム」は、iQONの利用シーンで多い自宅でのリラックスした時間や平日のちょっとした空き時間など、コンテンツを流して見て楽しむ利用シーンを想定し、ユーザーが主体的に検索する必要なくホーム上に流れる人気のコンテンツや最新の情報を見ているだけでiQONを楽しめるようにしました。

シンプルなナビゲーション

よく使われる機能は、メニューを開くことなくいつでもアクセスできるようにタブに集約しました。 また、ナビゲーションバーとタブは透けているため、画面を広く使うことができます。

LIKEリスト

自分がLIKEしたアイテム、コーディネートなどをいつでも見返すことができるように、「LIKEリスト」にまとめました。 ナビゲーションバーの右上にLIKEリストのボタンが常にあるのでここからいつでもアクセスできます。

凝ったUI

デザインはかなりシンプルになりましたが、実装においてはiOSネイティブな機能から外れることが多いため色々と凝った実装をしています。 - 全画面表示 iOS7ではデフォルトでフルスクリーンコンテンツを想定していて、ナビゲーションバーやステータスバーが透けることでコンテンツをより広く見せることが出来るようになりました。 これと同じ思想ですが、iQONでは「ホーム」のように縦に長いコンテンツをスクロールしていく時に、よりコンテンツに集中できるようにナビゲーションバーとコンテンツを隠して画面を広く取りました。

メニュー/LIKEリストのスライドジェスチャー

ナビゲーションバーのボタンからメニューとLIKEリストを開くことができますが、女性の小さいの手では片手でタップするのは難しいこともあります。 また、ナビゲーションバーが適宜隠れるようになったためボタンが表示されていないこともあります。 こういう場合の補助的な機能として、画面の端からスライドしてメニューやLIKEリストを開くことができます。

アイテムポップアップ

ホームなどでアイテムの画像をタップすると、アイテムの画像がズームして詳細情報が表示されます。 このアイテムポップアップではそれまで見ていた画面が透けて見えるため、前の画面に戻って流し見しやすくなっています。

ブラー (ぼかし)

メニューやLIKEリストなどいつでも開ける画面は、それまで見ていた画面がわかるように、全画面を覆わずに元いた画面にブラーをかけています。

まとめ

今回は新しくなったiQONのiOSアプリについて紹介しました。 v2.0.0へのリニューアルは基本的にiOS7におけるAppleの思想から大きく外さないように、シンプルなデザインを目指して作ってきました。 また、これらの新しくなった機能はこれまでのiQONのバージョンで計測した数値やユーザーからの声をもとに使いやすく改善してきたこともあり、リリースして一週間の現在ユーザーからのレビューも上々です。 今後はiOS6との共存や具体的な実装についても紹介していきたいと思います。